ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

犬や猫から人に感染する皮膚炎とは?

犬や猫などペットの室内飼いをする人が増えるとともに、ペットから人へうつる病気も増加しています。そのうちの1つ、小胞子菌の寄生による皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)について解説します。

 

ペットを介してうつる病気のひとつ皮膚糸状菌症は、皮膚真菌症、白癬ともいわれます。犬や猫に発症するのは、白癬(はくせん)菌の一種イヌ小胞子菌やネコ小胞子菌の寄生による疾患です。

 

白癬菌と聞けば水虫やタムシの原因になる菌を思い浮かべる人が多いと思います。白癬菌には多くの種類があり、その中には人に感染する菌もありますが、人以外の動物に感染する白癬菌もあります。これを好獣性白癬菌といいます。

 

好獣性白癬菌のうち、犬を宿主とするものをイヌ小胞子菌といい、犬のタムシの原因となります。また、猫を宿主とするものもありネコ小胞子菌といいます。多くはペットショップなどで子犬や子猫のうちに感染します。顔や耳、脚などにぶつぶつした斑点や脱毛などの症状がみられ、脱毛部分を掻く仕草が見られることもあります。

 

放置していても、しばらくすると症状は落ち着くので、治ったように見えます。しかし、実は菌が潜伏しているだけで治癒はしていません。こうして犬や猫にすみついた菌は、胞子をばらまきながら生息して人に感染します。

 

人にうつると顔・腕・頬などに、かゆみを伴った1cmくらいの赤く丸い発疹、または貨幣くらいの発疹ができます。犬や猫をよく観察すると同様の脱毛や発疹が見つかるので、ペットからの感染とわかります。犬同士や猫同士でうつるよりも、人にうつってからのほうが強い症状になる傾向があります。

 

普通は菌に接触してもすぐに感染・発症するわけではなく、人の皮膚の持っている免疫のバリアーによって守られています。しかし、菌との接触が頻繁で、洗い流されずに皮膚に留まってしまうと、菌が皮膚の内部に侵入して炎症を起こします。ペットと触れあう機会が多いほど発症しやすいといえます。

 

発疹部の鱗屑(りんせつ)をとって顕微鏡検査し、菌が確認できれば診断がつきます。時には培養して確認します。菌が特定できたら抗真菌薬で治療します。大切なことは、ペットの治療も併せて行うことです。

 

重症になることはまれですが、なかなか治りにくく長期にわたる治療が必要となります。疑わしい発疹が見つかったら、放置せず早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

日常の注意として、ペットと触れあった後は、手を洗ったりお風呂で洗い流したりするなど、皮膚を清潔に保つことが大切です。また、日頃からペットをよく観察してください。疑わしい脱毛や発疹などを見つけたら、すぐに獣医師にみてもらい治療を行いましょう。人への感染予防にもつながります。

 

情報提供元:毎日新聞

このページのトップへ