ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

犬派・猫派はどちらが多い? 4万人調査で若い世代には変化の兆しも!?

ペットは、単なるブームを超えて、今や「家族の一員」のようにかわいがる人も少なくない。ネットでは、猫や犬の愛らしい動画や画像が人気を集めている。

 

一方で、つねに論争となるのが「犬派か猫派か?」問題。実際、どちらが好きな人が多いのだろうか。しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女44,949名を対象に調査を実施した。

 

■犬派が6割で圧勝

sirabee20170913catdog1-768x335

 

 

 

 ■猫派が増加の傾向も

 

ただし、2015年におよそ8万8千人を対象に行なった調査と比較すると、わずかながらその差が縮まっていることもわかる。

 

sirabee20170913catdog2-768x344

 

 

「犬より猫」が、最近のトレンドである傾向は否定できない。さらに、近年の猫人気を裏付けるデータが、もうひとつある。

 

■20代男性では猫派が過半数

 

今年2月に実施した4万人調査のほうを男女・年代別で見てみると…

 

sirabee20170913catdog3-768x483

 

 

 

 

 

 

 

男女とも、若い世代ほど猫派が多いことが判明した。40代以降では、男性より女性に猫好きが目立つが、30代以下では男性のほうが猫好きで、唯一20代男性は、猫派が5割を超えている。

 

■いずれは猫派が逆転?

 

一人暮らしでも飼いやすく、留守番も苦にしない猫と、散歩が必要な犬。晩婚・非婚化や若年男性の草食化が指摘される昨今、面倒が少なくとにかく愛らしい猫は、現代日本のニーズにあったペットと言えるかもしれない。

 

ネットにおける猫の愛され方を見ても、今後、猫派が犬派を逆転する可能性も大いにありうるだろう。

 

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月13日~2017年3月9日/2015年3月31日~2015年4月20日
対象:全国20〜60代男女44,949名/88,321名(有効回答数)

 

情報提供元:しらべぇ

 

このページのトップへ