ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

夏に多発する愛犬の失踪!その原因は夏の風物詩にあった

30日放送のテレビ朝日『モーニングバード』は、夏場に多発するという「飼い犬の失踪」について調査。獣医師が指摘した驚きの理由とは?

●カミナリ・花火は、犬の大敵!
夏は、飼い犬の失踪が多発するそうで、その理由のひとつが「雷」なのだという。空から聞こえて来る大きな雷鳴は、犬でなくても「恐ろしい」と感じてしまうもの。

特に、近年のゲリラ豪雨を伴う激しい雷は、聴覚のいい犬にとって、さらに凄まじい爆音として聞こえているのかもしれない。びっくりし過ぎて、逃げ出したくなる気持ちも分からなくはない。また、雷と同様、花火の音も犬は苦手で、散歩中、花火に驚いた犬が車道に飛び出し、通りかかった自動車にひかれて死んでしまった悲しいケースもあるという。

●予測できない大音量が動物は苦手
雷や花火の音に犬が過剰に反応する理由について、獣医師・兵藤哲夫先生は、「動物たちは予測が出来ない。予測できないために自律神経が遮断されちゃう」と指摘、「そういうところまでいってしまうワンちゃんたちは結構いる」と、語った。

さらに、犬が雷や花火を怖れる理由について、人間以上に聴覚が優れていることの他に、群れを作って暮らしていた習性がひとつの原因と考えられるという。
集団行動が基本の犬は、依存心が強く怯えがちな一面があるそう。身に危険が迫った時、ボスの様子を見て、ボスが狼狽えてなければ「大丈夫」と判断するのだとか。

●犬が失踪してしまうのはパニック状態になるから!
また、犬の失踪が多発することについて、「雷や花火の音に驚くと、犬はパニック状態になって、訳がわからなくなる」と、兵藤先生。
犬には帰巣本能があり、失踪しても自力で帰宅すると言われているが、パニック状態から我に返るまで数日かかってしまうこともあり、帰巣本能を発揮する前に保護されてしまうことも少なくないという。(すべての犬に帰巣本能があるとは限りません)
以前、雷の多い地域で犬を飼っていたというコメンテーター・高木美保は、雷に驚いた犬が「網戸をぶちやぶって逃げた」と、そのパニックの凄まじさを語った。

●愛犬の失踪を防ぐ対策とは?
雷や花火が聞こえたら、室内に入れる。散歩中に、突然パニック状態に陥ることもあるので、首輪・リードを確認しておく。
また、雷が鳴った際、飼い主が怖がらないこと。共感力が強い犬は、ボスが怖がってなければ安心するそうで、落ち着く環境を作ることが重要なのだとか。

 

情報提供元:IRORIO

 

運営会社:合同会社ペコアス

このページのトップへ