トップページトップページ > ペットの飼い方図鑑 > 犬の種類・犬図鑑 > ポメラニアン

ペットとの距離が縮まります! ペット飼い方図鑑

  • 犬の飼い方図鑑
  • 猫の飼い方図鑑
  • 小動物の飼い方図鑑
  • 鳥の飼い方図鑑
  • アクアの飼い方図鑑
  • 不安を感じたあんな事こんな事をズバリ解決! ペットとの距離を縮めましょう。

犬の飼い方図鑑

ポメラニアン

会員登録する

原産国
ドイツ

名前の由来

元々キースホンドなどのジャーマン・スピッツの仲間、ヴォルピーノ・イタリアーノなどを総称して"Der Pommer"(ポメラニアン)と呼んでいた。

ポメラニアンの歴史

ドイツのポメラニア地方で作り出されました。北方のサモエドなどの大型のスピッツを改良して小型化していったとされています。

基本情報

体重 2~3kg
体型(大きさ) 小型犬
体高 20cm
被毛 柔らかな下毛と、豊かな直毛のオーバーコートで覆われている
カラー ホワイト、レッド、オレンジ、グレー、ブラック
耳の形 三角耳
尾の形状 巻尾
飼育目的 愛玩犬
寿命 14~15歳

性格

いつもコロコロとよく動く毛糸玉のようなポメラニアンは、いっときでもじっとしていない活発な犬種です。好奇心が強く、遊び好きで、自信に満ちており、いつも何かゲームや冒険をしようと身構えているようなところがあります。 見知らぬ人には少し神経質になり、他の犬にはやや攻撃的になる場合もあります。なかには吠え癖を持つ犬もいます。

日常の飼育ポイント

活発ながらも小柄なポメラニアンには、毎日運動させることが必要ですが、短めの散歩をしたり室内でゲームを取り入れたりすれば十分です。暖かい被毛を持っていますが、見た通り小さく、家族との交流を必要とするので、室内で飼う方がよいでしょう。 二層になった被毛をきれいに保つためには、1週間に2回程度のブラッシングが必要です。

気をつけたい病気

心臓疾患、水頭症、白内障、汎進行性網膜萎縮、気管虚脱、骨折

注意点

骨が細いので、椅子から飛び降りただけでも骨折してしまうことがあります。また、ブラッシングを怠ると全身毛玉で皮膚病を引き起こすことも少なくありません。日頃のケアには十分に気をつけましょう。