ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

「犬好き県」「猫好き県」は?

公益社団法人日本通信販売協会(略称:JADMA・ジャドマ、事務局:東京都中央区、阿部嘉文会長、正会員:469社、11月13日現在)では、全国47都道府県ごとの通販利用の実態を把握することを目的に、昨年に引き続き、直近1年で通販を利用したことがある20代から60代の男女計10,000人を対象にしたインターネット調査を行いました。この調査結果をもとに、県民性データアナリストである久保哲朗氏が、通販利用状況を県民性の観点から分析しました。

 

【犬好きは近畿・中国地方に多く、猫好きは東北・近畿・関東地方に分布】

犬用品と猫用品の通販年間購入額を比較すると、犬用品の年間購入額が猫用品の年間購入額を上回りました。

エリア別にみると、犬好き県は近畿地方・中国地方に多く、猫好き県は東北地方・北陸地方・関東地方に多いことがわかります。また、都道府県ごとに、犬用品と猫用品の年間通販購入額を比較すると、犬用品の購入額が高い県が28県、猫用品の購入額が高い県が19県となり、犬用品の購入が多い傾向にありました。

犬用品の購入額が多い「通販犬好き県」の1位は滋賀で41,955円となり、全国平均15,612円比の約2.6倍という結果となりました。続いて、2位は千葉、3位は愛媛という結果でした。一方、猫用品の購入額の多い「通販猫好き県」の1位は宮城で24,667円となり、全国平均12,107円比の約2倍という結果に。2位は佐賀、3位は富山でした。

 

【県民性データアナリスト・久保哲朗氏の分析】
・犬好きの滋賀は、県民所得2位、持ち家率17位。お金に余裕があり、犬を飼いやすい持ち家に暮らしている人が多い。また、日曜大工人口1位、園芸・ガーデニング人口7位と庭やベランダなど敷地に余裕があり、犬の飼育に適した環境の人が多いのではないか。

 

・一方、猫好きの宮城は、年間雪日数が9位、年間平均気温が41位。通販猫好き県の上位には岩手(年間雪日数3位、年間平均気温46位)、富山(年間雪日数10位、年間平均気温36位)をはじめ、東北や北陸の県がランクインしている。雪が多く寒い地域では、飼い主と散歩に行きたがる犬よりも、室内飼いで気ままな猫が好まれるようだ。

 

★県民通販大調査2017(詳細はこちら)
http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/kenmin2017/vol1/q2.html

このページのトップへ