ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

ペットの傷病ランキングTOP3

ペットの医療費は意外に高い。ペット救急病院にいたってはすぐに10万円以上となる。ペットの病気では何に気をつければいいのか。

 

アイペット損害保険は、2016年1月1日~12月31日の1年間に、ペット保険「うちの子」へ加入した契約者(3万6248件)を対象に、通院・入院・手術の請求件数が多かった「ペットの傷病ランキング」を集計・発表した。

 

高齢の犬猫ではがんがトップ

 

総合ランキング(犬猫、年齢不問)では、飼い主が症状に気づきやすく、動物病院への来院動機につながりやすい「皮膚炎」が1位、2位が「外耳炎」3位が「下痢」となった。

 

発表によると、総合ランキングのトップは、犬が「皮膚炎」、猫は「下痢」。手術ランキング(7歳以上の犬猫、年齢不問)のTOP3は、高齢の犬猫に多い「がん」「歯周病」、若齢の犬猫に多い「異物誤飲」だ。

 

特に、小型犬は手術を伴う「骨折」「膝蓋骨脱臼」、高齢犬(7歳以上)は「歯周病」「僧帽弁閉鎖不全症」(心疾患)が多い。

 

一方、猫は「膀胱炎」「腎不全」「尿石症」などの泌尿器系疾患が多く、特に子猫(0歳)は「外耳炎」「結膜炎」「猫風邪」、成猫(1~6歳)は「尿石症」、高齢猫(7歳以上)は「心疾患」が上位に入っている。

 

手術ランキングTOP3は「がん」「歯周病」「異物誤飲」!

 

総合ランキング上位10位内に限れば、平均診療費の最高額は「骨折」の11万9390円、手術ランキング(犬猫、年齢不問)の平均診療費の最高額は「椎間板ヘルニア」(総合ランキング第7位)の32万9451円だ。

 

なぜ骨折の治療費が高いのか?

骨折の治療は、全身麻酔手術による回復時間、ギプスの巻き直しや骨のレントゲン検査などの通院期間(1~4カ月程度)が長いために、費用が嵩みやすいからだ。愛犬・愛猫の骨折を経験した飼い主135人へのアンケート調査では、81.5%の人が「対策を講じていれば骨折は防げた」と回答している。

 

「椎間板ヘルニア」の治療費が高いのはなぜか。CTやMRIなどの医療機器の活用、技術の進歩による整形外科専門医の診断、手術入院などの要因によって手術コストが重なるからだ。

 

以上の結果から、犬猫別や年齢によって、かかる傷病の種類や平均診療費に顕著な違いが生じることが分かった。

 

ただし、特に「骨折」「歯周病」「異物誤飲」などは、飼い主のしつけ、飼育環境の整備、日常のケア、定期的な予防接種や健康診断を徹底すれば、傷病の発生リスクをかなり軽減できるのは明らかだ。

 

がんに注意すべき犬はゴールデン・レトリーバーとバーニーズ・マウンテン・ドッグ!

あなたがペットを飼っているのなら、愛犬や愛猫が病気にかかったり、ケガをしないように気を配っているにちがいない。

 

犬猫の疾患データは、玉石混淆の感もあるが、役立ちそうなものを紹介しよう。

 

たとえば、アニコム損害保険株式会社がペットの疾患統計をまとめた「アニコム家庭どうぶつ白書2016」。疫学データは予防啓発、学術研究など、さまざまな分野で活用されているが、無料ダウンロードできるので、利用価値は十分にある((https://www.anicom-page.com/hakusho/book/pdf/book_201612.pdf))

 

家庭どうぶつと家族/どうぶつ医療を取り巻く環境/保険金支払い実績に基づいたどうぶつの疾患統計/人気犬種の疾患別・年齢別のかかりやすい疾患/子犬や子猫を迎えた直後に注意したいケガや病気/異物誤飲の予防/どうぶつkokusei調査/どうぶつにやさしい災害への備えなど、ペットの健康管理に役立つ情報を手取り足取りわかりやすく提案している。

 

飼い主なら、ドキッとする情報もある。たとえば、キャバリアは心臓病にかかりやすく、その発症リスクは犬種全体のおよそ10倍も高い、がんに注意すべき犬はゴールデン・レトリーバーとバーニーズ・マウンテン・ドッグなどの指摘もある。

 

なぜペット保険加入率は低いのか?

さて、傷病といえば保険だが、あなたのペットはペット保険に入っているだろうか。ペットフード協会の調査によると、犬猫の飼育数は、およそ1979万1000頭だ(ペットフード協会 2015年全国犬猫飼育実態調査)

 

富士経済のレポートによれば、2015年のペット保険の契約数は106万5000件、ペット保険加入率は5.38%。イギリスは20%以上、スウェーデンは50%以上に上る(富士経済 国内ペット関連市場調査)

 

また、ディムスドライブ 「ペットに関するアンケート2009」によると、ペット保険加入率は犬10.9%、猫3.4%と猫の加入率が低い(ディムスドライブ 「ペットに関するアンケート2009」)。

 

一方、ペット総研によれば、ペット保険に関心がある人は74.4%(とても感心がある26.1%、関心がある48.3%)、加入を検討している人は51.6%(検討中16.5%、いつかは加入したい35.1%)となっている(ペット総研 2014年ペット保険アンケート調査)

 

このように、検討している人が多いのに、ペット保険加入率はなぜ低いのだろうか。

 

種々の経済的な要因が絡むが、たとえば、保険料が高い、費用対効果を判断して若い時は入らない、保障内容がよくわからない、掛け捨ての1年契約が多く負担が重い、病気にならないと楽観視している、家族の保障を優先しているなどの理由がある。

 

しかし、冒頭のデータを見るまでもなく、治療費は高い。万が一に備えてペット保険に入ることを検討する余地はある。

 

情報提供元:Business Journal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ