ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

犬を飼うため生涯必要な費用は?

犬を飼うために必要な費用って?初期費用や生涯でかかるお金についてどんな費用が必要なの?

犬を飼う際、どんなワンちゃんでも必要になってくる費用が

●自治体への犬の登録料

●ワクチンなどの医療費

●主食フードやおやつなどの食費

●ペットシーツなどの雑貨費

などです。では早速、初期費用、毎月の費用、臨時の費用、年間と生涯にかかる費用に分け順に具体的に挙げていきましょう。

 

犬を飼うための初期費用

ケージ … 4,000円〜

キャリー … 3,000円〜

トイレ … 2,000円〜

首輪やリード … 1,000円〜

犬を飼うための環境を整える際に必要となってくる費用です。主に、ハウスとして使用するケージ、お出かけや通院のときに使用するキャリー、カバーなどがついた犬用トイレ、首輪、リードなどが必要です。ケージは大体4,000円〜、キャリーが3,000円〜、トイレが2,000円〜、首輪やリードが1,000円〜となります。

初期費用合計は、お手頃価格のグッズで揃えても10,000円〜かかると見ていた方が良いです。ペット用品にこだわる飼い主さんはもっと高額な費用が必要になるでしょう。

 

犬の飼い始めにかかる費用

犬の生体代金 … 20万円前後

これはどこから犬を迎え入れるかによって大きく異なってくると思いますが、一般的にペットショップやブリーダーさんから迎え入れる方が多いのではないでしょうか?その場合、犬種や個体によって幅はありますが、犬を飼うために20万円前後の費用を準備しなければならないでしょう。

また、すばらしいことに最近は保護犬などの里親になる人も増えてきています。その場合は、保護するのにかかった費用のみをお支払いすることになるでしょう。

次に、必要なものは

●畜犬登録料 … 3,000円(地域によって異なる)

●狂犬病ワクチン … 3,000円

●混合ワクチン …16,000円(2回分)

です。厚生労働省より犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主としての義務であり、法律により義務付けられています。生後90日以上の犬の飼い主は畜犬登録をし、狂犬病の予防接種を受けて「注射済み証明書」をもらって、30日以内に役所か保健所に行き登録します。

 

また、ペットショップやブリーダーから迎え入れた場合、畜犬登録やワクチンの処理が済んでいて、それらの代金が支払金額に含まれている場合もありますのでよく確認しましょう。

 

犬を飼う際にかかる毎月の費用

毎日必要なドッグフードや、毎日使うペットシーツにかかる費用を計算すると、犬を飼うために必要な1か月間の総支出(※医療費を含む)は

 

・小型犬 … 約6,800円

・大型犬 … 約8,300円

となっています。内訳は、ドッグフード費用が小型犬で約2,500円、大型犬で約3,700円です。ペットシーツ費用が約1,000円、約3,300円が医療費やその他雑費となります。医療費については定期的な健康診断や、フィラリア予防の時期(5月頃〜)にそれらの診察代や薬代がかかっています。

 

《参照》
2016年度全国犬猫飼育実態調査

 

犬を飼うために必要なその他の費用

犬は生き物なので突然のケガや病気になることも有り得ます。また、無計画な繁殖や生殖器系の病気を予防するために避妊去勢手術を行う飼い主さんも増えています。その際の臨時的な費用をあげてみたいと思います。

 

避妊、去勢手術費用

  • 去勢手術の費用 … 約2万円
  • 避妊手術の費用 … 約3万円

先ほどの2016年度全国犬猫飼育実態調査によると、現在飼われている犬の約51%が避妊去勢手術をしているという調査結果が出ていました。動物病院によって幅はありますが、オスの去勢手術の費用がおよそ2万円、メスの避妊手術はおよそ3万円がかかります。

 

必ず去勢避妊手術をしなければならない、というわけではありませんが、マーキングや発情期の問題行動が改善されたり、生殖器の病気を予防できたりするなどのメリットから手術を選択される飼い主さんも多いようてす。

 

持病やケガによる通院費用(一例)

  • 歯周病の治療費 … 5万〜10万円
  • 心臓病の治療費 … 4万〜5万円
  • 骨や関節症の治療費 … 3万円程度

犬も健康で丈夫な個体ばかりではありません。もし、自分の愛犬に持病があった場合、適切な医療を受けさせてあげられる飼い主でなければなりません。中には200万円を超える高額になるケースもあったそうなので、ペット保険に入るなど対策をとりましょう。

 

ちなみに歯周病では、進行している場合には全身麻酔での歯科処理が必要なので、検査代を含めて約5万〜10万円かかるでしょう。心臓病では、レントゲンや血液検査と投薬で4万〜5万円程度、骨や関節症では、レントゲンと投薬で3万円程度の出費が見込まれます。

 

《参照》
『まるごとわかる 犬種大図鑑』 医療費はいくらかかるの?より

 

定期的な健康診断費用

健康診断(1回) … 4,000円程度

健康なワンちゃんでも年に1回程度、健康診断を受けておくと病気が悪化する前に発見しやすくなります。愛犬のためにも飼い主さんのためにも受けておくと安心です。検査内容や動物病院にもよりますが1回4,000円程度必要です。

 

トリミング等の費用

毎月のトリミング費用 … 5,000円〜

犬種によってはトリミングの費用がかかります。特にトイプードルやビションフリーゼなどの毛が早く伸び続ける犬種は、月に5,000円〜の費用がかかることを予定しておきましょう。

 

犬を飼う際にかかる年間と生涯の費用

 

年間費

  • 小型犬 … 約6,800円×12か月=約81,600円
  • 大型犬 … 約8,300円×12か月=約99,600円

1頭の一生にかかる費用(平均寿命で計算)

  • 小型犬 … 約6,800円×12か月×15年=約1,224,000円
  • 大型犬 … 約8,300円×12か月×13年=約1,294,800円

これに初期費用や臨時費用が加わると、およそ150万円〜になることが予想されます。

 

犬1頭あたり、車が1台買えるほどの費用が必要です!
ワンちゃんを不自由なく幸せに飼育してあげるためにはおよそ150万円かかる結果となりました。決して安い金額ではないし、お金だけでなく飼い主としての責任や覚悟が必要になってきます。しかし、費用以上に、犬を飼うことは私たちに大切な気持ちやすばらしい思い出を与えてくれます。

 

愛犬の存在はお金には変えられません。この記事を読んで犬を飼うにあたってのおよその費用を知り、計画的に備えて、自分の家族として迎え入れたワンちゃんを最期まで幸せにしてあげられる飼い主さんがたくさん増えることを願っています!

 

情報提供元:BIGLOBEニュース

このページのトップへ