ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

飼い主に聞く愛猫の特技とお気に入りの場所!!!

猫の飼い主が最も好きな愛猫のパーツはどこだろうか。アイペット損害保険株式会社が昨年、猫の飼い主560名を対象に愛猫の魅力に関しての調査を行なったところ、愛猫の瞳や肉球、毛並みといったパーツに惹かれている飼い主が多いということが判明。愛猫の好きなパーツは「大きな瞳」が約58%で1位となっている。

 

また、猫の瞳の色は「黄色」「ヘーゼル」が多いことが判明。回答者の半数以上が愛猫の毛色は2色と回答。さらに、家の中での愛猫のお気に入りの場所は窓際であると6割近くの回答者が答えており、回答者の半数が愛猫の特技は「ドアを開けること」という結果になった。

 

■愛猫の好きなパーツは「大きな瞳」が約58%で1位

愛猫の好きなパーツを聞いたところ、約58%の方が「大きな瞳」と回答、以下、「ぷにぷにした肉球」(約54%)、「艶々とした毛並み」(約45%)となっている。猫の視力は0.1~0.2と、決して良いほうだとは言えない。しかし、猫の視野は約250~280度あるため約180度である人間より広いだけでなく動体視力が人間の約4倍と非常に優れている。

 

 

そのため、周りがよく見えて獲物や外敵を素早く察知することができる。また、3位となった肉球の「ぷにぷに」はヒアロルン酸やコラーゲンから成り立っている。全身に汗腺がある人間とは違い、肉球のみに汗腺があるという特性を持つ猫にとっての肉球はとても大切なパーツだと言える。

 

それだけでなく猫は暑さよりも、むしろ病院に行った時など緊張から汗をかくことの方が多いようだ。

 

さらに興奮や緊張が高まると開口呼吸をすることがある。開口呼吸は猫にとって異常事態。開口呼吸が見られた場合には速やかに動物病院に連絡し、状況を伝え、指示を仰ぐようにしよう。

 

■猫の瞳の色は「黄色」「ヘーゼル」が多い

前問の愛猫の好きなパーツで1位だった「猫の瞳」について聞いたところ、愛猫の瞳の色は黄色・ヘーゼル(緑色×茶色)と回答した方がそれぞれ35%を超える結果となった。猫の魅力の1つとして、多くの人が「大きくてぱっちりした瞳」を選んでいる。猫は夜行性で光を採り入れる水晶体や角膜が大きいため、このように見えるそうだ。

 

 

また、猫の瞳は光彩(人間でいうところの茶目の部分)の割合が大きいため、白目の部分はあるものの、正面から見ると白目はほとんど見えない。前問の愛猫の好きなパーツで3位だった「猫の毛色」について聞くと、「2色」と回答した人が57%と最も多いことがわかった。より詳しく猫の毛色について聞いたところ、バイカラー(黒白、茶白、灰白など)の猫が最も多く、トラ、キジなどのタビ―やパーティーカラーの猫が続いている。単色では、黒色が最も多かった。

 

猫の毛色といえば、オスの三毛猫が珍しいことは有名だが(3万頭に1頭の出現率)、三毛猫が貴重な理由はそもそも「黒」「茶」の2色を持つオス猫が珍しいということにある。そのため、「黒」「白」「茶」を併せ持つオスの三毛猫は非常に珍しい存在だ。反対にメスが珍しいのは茶トラ、茶シロです。

 

オスの三毛猫ほど珍しくはないが、メスの茶トラの出現率は 約12.5%と言われている。

 

■家の中での愛猫のお気に入りの場所は窓際であると6割近くの回答者が回答

 

家の中での愛猫のお気に入りの場所を聞いたところ、58.3%の人が「窓際」と回答。猫と窓際といったら、多くの方が思い浮かべる光景ではないだろうか。また、高い場所を好む猫ならではの特性が見られた回答では、キャットタワーの上や家具の上といったものがあった。その他にも、ホットカーペットの上や遠赤外線ヒーターの前といったこれからの季節に必要なアイテムのある場所がお気に入りだという回答も見られた。

 

 

■回答者の半数が愛猫の特技は「ドアを開けること」と回答

猫の特技として、手を使って「ドアを開ける」ことや「猫パンチ!をする」といった項目を挙げた人が1位、2位と続いた。その他には、手を使った動作として「お手をする」や「手で水を飲む」といったことができる猫もいるようだ。また、「ドアを開ける」以外にも冷蔵庫や引き戸(網戸等)を開けることができるという強者までいた。これとは反対に、「ドアを開ける」だけでなく「ドアを閉める」ことができるお利口な猫もいることがわかった。

 

 

 

結果を見る限り、一般の人が思い描く猫のイメージと大きな相違は見られなかったのではないだろうか。窓際や高いところが好きで、「ドアを開ける」などの手を使った動作が得意な猫と暮らす際には、猫の特性を理解した上で飼い主側が工夫をし、猫と快適に共生できる環境づくりを心がけたい。

 

 

【調査概要】
調査対象: 20代以降の猫の飼い主
調査人数:560人(男性257人、女性303人)
調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施

 

情報提供元:exciteニュース

このページのトップへ