ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

「犬のサイズ」をめぐる飼い主たちの自慢合戦――小型犬は小ささ自慢、大型犬は“飼えるオレ”自慢

空前のペットブーム。モンスターペアレンツならぬ、モンスター飼い主も現れる。“我が子”のかわいさを媒介に、犬&猫親たちが互いを格付けしあう、ペットの癒しとは対極にある現場をのぞいてみた

◆小型犬の小ささ自慢。大型犬を飼えるオレ自慢【大型・小型】

犬についての報告が多かった、サイズをめぐるマウンティング。

「トイプードル飼いの小ささ自慢は『小さいでしょ~?』と同意を求めてくるのは、ひたすらウザい」(35歳・アパレル)

同じような例が、チワワや豆柴などの小型犬でも見られた。

「ウチもトイプードルだが、公園でトイプードル連れのマダムと世間話をしたときのこと。『これだけ大きいといいですねー。ウチの子は小さいから体が弱くって』と言われ、『お前が小さいの選んでんだろ!』と思ったのは私の僻みか?」(32歳・主婦)

僻みかどうかはともかく、小ささへのこだわりは伝わってくる。

こうした傾向を快く思わない良識派はカウンターの立場として、一定数存在する。

「知人の犬好き男性はティーカッププードルに過剰に反応する。曰く、『そんな犬種はない。マーケティングの都合だ。病気のリスクもあるので褒められたものではない』。ティーカップの飼い主さんの前でもやったときは、さすがに気まずかったし、気の毒になった」(36歳・パート)

一方、大型犬の飼い主はマッチョな価値観をぶつけてくるらしい。

「同僚が一戸建て庭付きを買い、ラブラドールも飼いはじめた。そこまでは微笑ましかったのに、『家が広くないと小型犬しか飼えないよな~』の一言に嫌なものが透けて見えた」(37歳・SE)

「ボルゾイとかいう兵器っぽい大型犬を飼いはじめた友達。『ドッグランに連れて行くと、他の犬がビビる』と嬉しそうだった。なんだかなあ」(29歳・飲食店)

その友達はオラオラ系ということだろうか。そこも気になる。

 

情報提供元:週刊SPA!

このページのトップへ