ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

犬が顔をなめる理由について

犬が飼い主の顔をなめてくる理由

愛犬が顔をなめてくる時、特に口元をなめることが多くないですか?
人がご飯を食べた後になめられると「ごはんがついてたかな?」と思うのですが、それだけの理由ではないようです。

オオカミのあいさつ
相手の口元をなめる行為は上位者に対するオオカミ流のあいさつだと言われています。オオカミは群れで行動していますので、自分より上位のオオカミに対して敵意がないことや愛情を表すとき、相手の口元をなめます。服従や順位を確認するための儀式のようなものです。

子犬が母犬に食べ物をねだる時の名残
こちらもオオカミの名残ですが、オオカミは子供が「お腹がすいたよ」「ご飯ちょうだい」と母親の口元をなめると母親が取って来た餌を吐き戻して離乳食として与えていたそうです。
また、母親に甘える際にも口元をなめるので、子供と母親とのコミュニケーションのひとつでもあります。

犬が人を大好きだということ
以上の二つの習性が少し意味を変えて犬にも残っているのではないかと考えられています。

母犬への甘えを飼い主さんに対して行っている。母犬からのぬくもりを飼い主さんに求めている。飼い主さんをリーダーとして認め、慕っていますよという意味で行っているのではないでしょうか。「大好きだよ」「ずっと一緒にいてね」「信頼しているよ」「わたしのことを守ってね」という意味がこめられた犬からの愛情表現。飼い主にとってはたまらなく嬉しいことですね。

初対面の人に対しても顔をなめようと近づくフレンドリーな犬もいますが、この場合は信頼や愛情というより「初めまして」という意味や、ただ単に「嬉しい」という表現のような気がします。

心の病気
中にはしつこくペロペロとなめる犬もいます。「やめて」といっても止まらない。

そんな犬はもしかしたら「強迫性障害」という心の病気かもしれません。強迫性障害とは、自分がとても弱い存在であることから、強い不安や緊張を感じ相手をなめることで自分を落ち着かせようとすることです。なめることを止めると再び不安や緊張を感じるためなめ続け、やめられません。

 

情報提供元:T-SITEニュース

 

運営会社:合同会社ペコアス

このページのトップへ