ペット情報が満載!ペットでつながるペコアスは、ペットに癒されたい人や大好きな人が集まるサイトです。全国の動物病院、トリミング、ペットショップなど関連施設が検索できます。飼い主同士のコミ二ュティも充実しています。

「愛犬の生活と健康に関する意識調査」基本的な予防行為が定着!!

アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長:小森伸昭)では、契約者に対してインターネット上で、「愛犬の生活と健康に関する意識調査」を行いました。

■室内飼育が95.7%、ご飯はペット用のフードが定着
愛犬の生活について聞いたところ、「室内」での飼育が95.7%、一方で「屋外」の飼育は1.5%となり、大多数の犬が室内で暮らしている結果となりました。食餌については、「市販のフード」が44.4%で最も多く、「年齢別フード(24.3%)」が続き、「手作り食」は18.8%となりました。
人間の残りのご飯を与えるという一昔前の習慣は無くなっています。
また、「(犬用の)お布団、ベッド(48.2%)」や「椅子、ソファの上(46.2%)」というお気に入りの場所で過ごすことが多いとわかりました。

■愛犬の健康管理に対する高い意識
愛犬の健康のために注意していることを聞いたところ、「フィラリア予防をしている(97.1%)」「混合ワクチンを定期的に接種している(91.7%)」と回答し、基本的な予防行為が、ほぼ全ての飼い主に定着していることがわかりました。また、「体重管理を行っている(76.4%)」「普段と様子が違えばすぐに病院へ連れていく(75.1%)」「散歩などで十分に運動させている(67.5%)」との回答からは、普段から飼い主が愛犬の健康状態を強く意識している様子が伺えます。なお、散歩の回数は1日1回、30分程度が主流となっています。さらに、66.0%の飼い主が「健康診断を1年に1度以上受けている」と回答しており、人間と同様に毎年の健康診断が定着しつつあるようです。

■治療よりも予防を目的とした通院へ
動物病院への通院頻度は、予防目的では「年に3~4回程度(38.0%)」が最も多く、治療では「ほとんど行かない(25.0%)」「年に1~2回程度(26.4%)」が多い結果となりました。飼い主の高い予防意識が愛犬の健康につながっていると言えるのではないでしょうか。また、「なんでも相談できるかかりつけの動物病院はありますか」との質問に対しては、96.7%が「ある」と回答しており、信頼できる動物病院と良好な関係を築きながら、愛犬の健康管理に取り組んでいるようです。

【調査方法】
2014年6月20日~6月24日にインターネット上でアンケートを実施。回答数:2,302

【本件に関するお問合先】
アニコム損害保険株式会社 経営企画部 広報担当
〒161-8546 新宿区下落合1-5-22 アリミノビル2階
MAIL:release@ani-com.com
TEL:03-5348-3777/FAX:03-6863-8257

運営会社:合同会社ペコアス

このページのトップへ